JPN-facebook-10062019 : Photos from Team Aerotact's post

9.6.2019

南ベースの風で中層南東〜南、高層南西、高層はやや強めの風の可能性もある。

少々安定気味で雲底もそれ程高くはならない予報。ただ、これはいわゆる普通のコンディション。ガンガンに良いわけではないが、ぶっ飛ぶわけでもなく、うまく飛べば距離を伸ばせると言う感じ。南風ベースの時はこのようなコンデションが多くなる。

 

今日は実戦を想定して、TP2(Wagrain)からTP3(Aschau)までのフライト。

テイクオフまではNHKの取材クルーも上がり撮影する。ちょうどトマとも会い、彼らのチームと一緒にフライトする事に。

プロローグレースのTP3のテイクオフから11時頃テイクオフ。

やはりサーマルトップはそれ程高くなく、スピードを出してどんどん前に出ていくのは難しく、丁寧に確実に進む必要があった。

最後はKössenの先の谷を渡れずランディング。高層雲がしっかりと張り出してしまい、最後のひと上げができなかった。トマ達もここでランディング。

渋いコンディションでもここまでは上手く飛べば届きそうだが、ここから先は時間によっては強いバレーウィンドもあり、かなり難しそうだ。この次のAschauからKronplatzに向かうのもそうだが、その後のKronplatzからLermoosへの時も、アルプスの南北横断は単純に考えても難しい。。。主に考えるのは高いところをどう通過するか・・・と言うもので、一番大事なのはもちろんなのだが、実際はそれだけでなく、タイミング(バレーウィンド、サーマルの発生斜面・・・等々)が重要で、ただただぶっ飛ばして行くだけでは多分ダメだという事。特にターンポイント周辺、アルプスの南北の端周辺は注意が必要。

Gear Store

Keep track of your all adventures with our cool equipment!

GS 2019 Callout Salewa
GS 2019 Callout Suunto
GS 2019 Callout GoPro
GS 2019 Callout Flymaster
GS 2019 Callout AdventureMenu
GS 2019 Callout Recco
GS 2019 Callout Powertraveller
GS 2019 Callout Gloryfy

Follow us

Newsletter Sign up

Never miss the latest news!

Sign up to our Red Bull X-Alps newsletter and stay updated daily on news, invitations and offers about sports, events and products from Red Bull and its affiliated companies. Don’t worry, if you change your mind, you can unsubscribe at any time, free of charge.

newsletter paraglider