JPN-facebook-03062019 : Photos from Team Aerotact's post

2.6.2019

今日はスイスでXCフライトするには最高と言っても良い気象条件の一つのパターンが整っていた。

全体的に風は弱く、北風ベース。雲底はそれ程高くないが、3500m程が予報では出ていたので、場所によっては4000m越えそうである。

 

昨日の続きでそのままタスクを続行。Davosにとどかず、歩いたと想定して朝Davosからフライトでスタートというパターンをトレーニング。

今日のコンディションならもしかしたらTP7(Titlis)まで行けてしまうのでは?とも思われ、早い時間にどんどん前に進んでいくフライトスタイルで。そして、クールからアンデルマットまでのアオトバーンを使うのではなく、今日は新たなルート探しで早いうちに少し北側に入り込んで、ティトリスを南東方向から北風に逆らい攻めていくのでなく、東〜北東方向から北風を上手く使って取りに行くというルートを試してみることに。

小熊、渡部はゆっくりでも良いので、通常ルートを行き、アンデルマット手前のどこかで北側へ向かうチャレンジをし、どこで渡れるのか、今日のコンディションでも渡れないのか確認する。予定であった・・・

 

予定通り11時頃ダヴォスをテイクオフ。アローザ北側の谷を通り、順調にクールまで。

その後フリムス上空でまだ雲底は高くないが、その先に歩けそうな雪原と少し低くなった峠を見つけ、歩けそうか?確認しようとランディング・・・

しばらく歩くが雪が多く、それ用の装備は持っていなかったので断念。2時間後再びテイクオフ。まだ北側へ行くのは早すぎたようだったが、この時間空中で待機していれば、弱まったタイミング、またサーマルが更に活発になるタイミングに合わせて北側へ抜けれたのではないか?という自分たちの考えていた以外のポイントを更に発見。時間は遅かったがその場所で上げるだけ上げてみてどのような感じかチェックする。時間が遅かった為、抜けることはできなかったが、19時近くまでフライトして調査終了。

 

小熊、渡部はクールの谷を渡ったところでスイスの地元XCスペシャリスト達と合流。

が、ビッグトライアングルを狙っていた彼らのスピードとテクニックに完全にペースを乱され、フリムスに早い時間にランディングしてしまった。。。

 

今日は、彼らの他にマウラーがとんでもないトライアングルをやっていた。それを後から見て3人は色々と考えるところがあり悔しい思いをしていたようだ。。。

Gear Store

Keep track of your all adventures with our cool equipment!

GS 2019 Callout Salewa
GS 2019 Callout Suunto
GS 2019 Callout GoPro
GS 2019 Callout Flymaster
GS 2019 Callout AdventureMenu
GS 2019 Callout Recco
GS 2019 Callout Powertraveller
GS 2019 Callout Gloryfy

Follow us

Newsletter Sign up

Never miss the latest news!

Sign up to our Red Bull X-Alps newsletter and stay updated daily on news, invitations and offers about sports, events and products from Red Bull and its affiliated companies. Don’t worry, if you change your mind, you can unsubscribe at any time, free of charge.

newsletter paraglider